松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
楽しみハ蕣にはや燗させて  梅足
 二八の鬼の籠る別荘  笑口
よいやうに成迄投げる畳笄算  雲牙
 寒さ凌の河豚ハ古方家  梅足
着く船の知らせ待間を賭将棋  斗涼
 温泉宿の亭主こひた事いふ  立葵
かい巻に残る三浦の孔雀染  牛如

 本来空な連退の先  笑口
我見んと作りし菊に人の来て  太路
 露の升目を盗む芋売  菊武
晩程の月を案しる朝くもり
 釣瓶か切て尻餅の音  太路
無慙にも折て送りし花一枝
 矢場の篩に蜆十四五  万年

関連データ

作者(連衆)
万年・菊武・太路・牛如・立葵・斗涼・雲牙・笑口・梅足