松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
佐野郷の額に名高き古社  雲牙
 武隈辺を任の御忍ひ  斗涼
梅首鷄列卒の蛭の血拭ふ花あやめ 白日
 足らぬ所へ本尊の飯  牛如
夕越えて言に揚てと鴛駕  梅彦
 白歯嬲つて負る拳酒  太路
中登り?原本見る かへる京言葉  雲牙

 鶴舞ふ空にきらりつと不二  笑口
水舟へ逆縁ながら火の無心  馬隠
 祭の幟遠ひ洗濯  梅彦
鉢に子て枇杷葉ちよつと振出して  雲牙
 根を押て聞乳母か身の上  馬隠
欄端に腰打掛る月の哥
 皆寄見る鵙の草茎  牛如

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・雲牙・斗涼・牛如・梅彦・太路・笑口・馬隠