松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
傀儡師傀儡をしふる春日和  斗涼
 妹の駕の供をする姉  雲牙
菌桶の片荷ハ重き鳴子瓜  笑口
 ふまれた侭で昼顔ハ咲  牛如
七陣のなくさミけふハ泣男  梅足
 若尼挟て笈に転寝  笑口
枯果て冬痩みゆる牧の駒  牛如

 笠へほつちり鳧の羽雫  馬隠
孝行に禁断おかす網提て  万年
 さくらと鐘に名の高い寺  太路
股引て枕をかりる春の旅  馬隠
 飛子をあまた連て雉子なり 白日
初月の眉にも雲の袖几帳
 節会の相撲怪我なしに済  若水

関連データ

作者(連衆)
太路・万年・馬隠・梅足・牛如・笑口・雲牙・斗涼・白日(真田幸弘)・若水