松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
走り酒待てといまたに脚遅き 環川
 脇のうへの瘤茶屋の見隠  万年
松飾跡にしてたつ喜連川  梅彦
 学校にやる筈の末の子  若水
山沢の水は筧に九折  笑口
 見せかけ斗庵の空錠  牛如
新尼の手にさへとらぬ男郎花  斗涼

 お猿畠に残る渋柿  梅彦
宵の月沖の網引ハ鯖しや迄  若水
 すかれても伽羅年明の妻  梅足
簪を尻目日なしの空笑ひ 環川
 各人芸に付た貧乏  馬隠
誰もしる夜の詠哥筆ふとに
 踏ミこゝろよし菫蒲公

関連データ

作者(連衆)
環川・万年・梅彦・若水・笑口・牛如・斗涼・梅足・馬隠