松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
鷹掛をめけハしつとり春の汗 白日
 はね馬しさり/\見て居  斗涼
挑灯にきらりと捨子泣止て  梅足
 思案の度に留メて摺る墨  馬隠
手を叩くやうす慥にふられたり 環川
 情もぬるき酔醒の水  万年
十三里夜船に人のやたら漬  笑口

 蜷川連て一休か旅  牛如
花の野の主シ顔なる石地蔵  太路
 夏際さかぬ牛の黒襦子  万年
潜り戸の暫く明て朝の月
 素顔を見セぬ貞女天晴 環川
腰元の形もりゝしく雪軍  梅彦
 河豚は母なし煤掃の翌  雲牙

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・斗涼・梅足・馬隠・環川・万年・笑口・牛如・太路・梅彦・雲牙