松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
狐付修験の歌を口走り  太路
 今黐につく蝿を見て居  梅足
祇園会の練子変生男子にて 白日
 大さかつきの憎い肋やう 環川
獺へ一矢/\と御船より  若水
 兎角かさはる医者の三徳  雲牙
空戸明く雪隠怪有の沙汰有て  斗涼

 花はよし野に負ぬやま城  若水
掛替て炉ハ釣釜に春の雨  梅足
 老も手伝ふ雛のまゝ事  梅彦
神隠なとゝいハせて五丁町 白日
 芙蓉もしかすほろ酔の顔  太路
飛石の上に月夜のたはこ盆  万年
 雁なつかしき左遷の君  笑口

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・太路・梅足・環川・若水・雲牙・斗涼・梅彦・万年・笑口