松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
八丁と限らぬ隅田の土手長閑  斗涼
 太夫か短慮金かと詠ける  梅足
鼈甲の目利女の知恵の外  雲牙
 子に風道を明る虫干 白日
投やうとした鉄槌に叱られて 環川
 翌通し矢の舟てやる弓  立葵
二軒茶派手な娘を料理種  笑口

 恋の重荷に雪の相傘  馬隠
鷹犬の嚏に鴨のしろかへて  太路
 上戸かちなる禁盃の寺  斗涼
いろ/\な沙汰有厠錠の錆  万年
 聞度年の違ふ新造 環川
丸顔に天の宇須女の月の眉
 立場にさびた弁慶の鮎  梅彦

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・斗涼・梅足・雲牙・環川・立葵・笑口・馬隠・太路・万年・梅彦