松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
踏込めハ深き寝覚の蕎麦の花  立葵
 見せ物買かきめし段平  万年
仕置屋も女房任せの針供養  馬隠
 師走の足手からも婚礼 白日
塩靏に片荷ふさかる御膳篭  雲牙
 唄ひすまして酒の一段  立葵
本復に逆さ柱を取かへて  斗涼

 身請の沙汰に動く一国 白日
公達の婆々と召さるゝ美しき 環川
 爪ほち/\と笏はぢく音
三島の伝受鸚鵡に猿輿  梅足
 七所とは賑やかな紋
ちら/\と花の散込む月の窓
 霞を逢ふて鐘吼る声

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・立葵・万年・馬隠・雲牙・斗涼・環川・梅足