松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

表(オ)

画像を拡大する
爰に見てかしこに聞や時鳥
 繁る若葉の濃き薄き蔭
脇息にわたれ扇をまさくりて
 走りてこよの使ひ事とる
此壱所細江に添ふて道直し
 むしろはたいてしまふ干物
降ことハ空の忘れて暮の月
 石の間/\に秋草

関連データ