松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
本腹の子に引されて放生會  斗涼
 寐喰に神の馬の退屈  杵十
葉桜に来て旧知己の気侭酒  太路
 念願成就刺て松嶋 白日
笈の戸に何を教の下り蜘  梅足
 野末をさかす捨扶持の宿  馬隠
佐保姫の手際を見せし蔦紅葉  斗涼

 月入もけにさらふ三弦  フ
夕暮の秋よせ付ぬ牽頭持 白日
 拳では関をなげし振袖  太路
影膳へ丁度居らす旅もとり  馬隠
 車軸の中に人質の駕籠  梅足
暦にはとふやら遅き花盛  フ
 巣くふ雀の軒にひたすら  フ

関連データ

作者(連衆)
馬隠・梅足・太路・杵十・斗涼・白日(真田幸弘