松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
即涅槃なとゝ庵主の腕枕  梅足
 凡夫の皮を脱て長生 白日
羽衣の下界に遊ふ中の町  太路
 四百四病の外に恋病ミ  杵十
見違るやうに息子の温泉場戻り  笑口
 牡丹生れば狭き獅子口  斗涼
素機嫌の内に出し度初松魚  馬隠

 筆も左も累舎天晴 白日
鶏鐘の先へ明ゆく桜花  杵十
 上荷に薮入薪積た舟  梅足
御忌小袖親のゆるして伊達模様  笑口
 指折た日をふり潰雨  太路
松枝に掛たる笠の月に似て
 鼻毛に蜻蛉通ふ岡釣  太路

関連データ

作者(連衆)
馬隠・斗涼・笑口・杵十・太路・梅足・白日(真田幸弘