松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
瓜茄子の牛馬もおよく秋の川  馬隠
 娘を杖に羅漢寺へ母  斗涼
才発な女ふしきに縁遠き  杵十
 交り疎き俄分限  笑口
捨るとて褌買はせる年の暮  梅足
 神代にかへる除夜の臺所  太路
箸か折ても気かゝりな陣の留守 白日

 寐て居る犬の尻へ初汐  馬隠
時代り澤庵番の秋更て  笑口
 窓の破れも月の一興  フ
金になる手を持なから掛人  杵十
 怠りのなき灸も孝行  斗涼
愛相よし言葉に花を咲せけり
 夫婦能似た治郎左衛門雛  杵十

関連データ

作者(連衆)
太路・梅足・笑口・杵十・斗涼・馬隠・白日(真田幸弘