松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
ほらふならこふ死たいと涅槃像  斗涼
 よい年をして後家のおしやらく 白日
眼に立し派手な浴衣も温泉場の常  梅彦
 餅と酒とは食のはらから(兄弟)  笑口
時鳥いくら啼いても大鼾  梅足
 千本松に一夜検校  雲牙
秤有三人寄て? (見えず) 白日

 未しろの人の抜ぬ突出し 環川
天然に持愛敬は身の宝  梅彦
 七十若く紫の衣  斗涼
禁断の場所を除ケ/\鷹据て  笑口
 甲州路からゑちをちと鍋  雲牙
月影につと?りと仕舞ふ蕎麦筵
 つまる日脚に露の隙なし

関連データ

作者(連衆)
雲牙・白日(真田幸弘)・斗涼・梅彦・笑口・梅足・環川