松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
不夜城の夜は元日斗なり  梅足
 他人と見へぬ女主従 環川
敵持ツ身はさま/\にへり下り  梅彦
 土場の懸札後座ハ軍談 白日
鉄鉢は諸色出家の無尽蔵  笑口
 産んた母さへ髭にあきれる  斗涼
料理まで仕舞て隙な宵節句  雲牙

 呑ンてころりと邯鄲の夢 白日
止めたのか嘘から見やれ廓通ひ  梅足
 染木は表裏に有る聟  笑口
歯のぬけた声から先へ田植唄  雲牙
 三日遊んて買あてし馬 環川
真黒な雲か折ふし宵の月
 芭蕉の雨に傘の音  梅足

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・環川・梅彦・笑口・斗涼・雲牙・梅足