松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
伐出して秋を商ふ屋敷守  菊武
 寶といへと子持ち貧乏  万年
晦日掃さつとにしても小半日
 いそかし紛れ引て見る袖  菊武
文殻の裏を返して覚書  万年
 茶碗の底に呑残る水
けに華のかゐらき鞘も人の品
 賑ハしき物門の松竹

羽子板に先風光る中の町 白日
 魚なら捨る所振袖 環川
生酔の寝覚に雪を一抓  太路
 燈籠かゝくる池田久右衛門  梅足
急用の封の切兼て  斗涼
 端午の下馬の籃臭き風  笑口
おしひらく扇の形も月の友
 頭に神ややとる正直

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・笑口・斗涼・梅足・太路・環川・万年・菊武