松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
祭ねるやうに九軒の揚屋入 白日
 見られたい気の人の門立  菊武
気違の子を逆さまに背負歩行  太路
 猟をたつきの始終おそろし  万年
木曽山の麓ハ見ヘす川の音  菊武
 草鞋喰にも呪のある
花見にハ何寄も佳肴美酒
 時来て春に壽きの増

雲と成霞と成し母の慈悲 環川
 身請の金の知れぬ出所  梅足
美しい顔怖しい願懸て  笑口
 昼も樗にくらひ柄杓井 白日
からくたを干す日も爪は一かしら 環川
 月高々と晴切た空
かり金の鳴かすに渡る秋の幮  太路
 とへらの紋を侵す初汐

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・菊武・太路・万年・環川・梅足・笑口