松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残裏(ナウ)

画像を拡大する
珠数の気て戴く母の十團子  笑口
 叱つた醫者も本復の酒 白日
奥家老しかミ火鉢と白眼合  斗涼
 細見と名の同しお端女  梅足
才蔵ハ不骨な程か面白し  万年
 佃の蝶の舟て江戸行  笑口
花桶にくゝり付たる熨斗包

 見上る度に見違る若子  環川
雨舎馴染のやうな噺して  立葵
 鐙片々迚番の欄 白日
幻しく夕日に光る葉雞頭  笑口
 空定りて近き新月
鹿聞の馳走ハ麦湯斗なり  梅足
 くわへきせるて低向て居

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・笑口・斗涼・梅足・万年・環川・立葵