松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残裏(ナウ)

画像を拡大する
火を入て筏の上の蚫殻  梅足
 兜脱たハたしか落人  斗涼
高からす又低からす郭公  笑口
 先も見ぬ顔堤八丁 環川
天蓋に若衆の腮の卵程  万年
 喧嘩の跡の血りを嗅く犬  梅足
篭なから家を車に鶏雞啼 白日

 茶碗落として下女か念仏  笑口
年忘れ罔両みんな坊主也  立葵
 心耳をすます十寸見山彦  万年
荒馬の夜乗とつくと星をよミ  笑口
 朧々と出る月代
花の香を只徐に風の伝
 黄昏遅く思ふこしかた

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・斗涼・笑口・環川・万年・立葵