松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残裏(ナウ)

画像を拡大する
肌に最う風心地よき弓始 白日
 木馬の腹を潜る乳母か子  斗涼
祭礼も近く物見の大掃除 環川
 町のきをひも泰平の尋  笑口
手拭も肩て風切る畳さし  立葵
 紀文か眼にハ黄金も水 白日
湯上りハ錠前のなき単帯 環川

 凡夫盛ンに河豚売れる雪  笑口
覇王樹に鼠の荒る夜の音  立葵
 叱れハ内へ這入る気違  菊武
三井寺のすに媚く児の舞  斗涼
 遅日惜ミて見合別るゝ  万年
花催ひ只やハらかに暮の月
 また谷間に消残る雪

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・斗涼・環川・笑口・立葵・菊武・万年