松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残裏(ナウ)

画像を拡大する
凡夫盛ンに河豚売れる雪  笑口
 覇王樹に鼠の荒る夜の音  立葵
叱れハ内へ這入る気違  菊武
 三井寺のすに媚く児の舞  斗涼
遅日惜ミて見合別るゝ  万年
 花催ひ只やハらかに暮の月
また谷間に消残る雪

 梅にひずみし大的の幕  菊武
田楽の串青/\と長閑なり  万年
 箸置けハ筆梶か世渡 白日
君といふ化物姿二ツ三つ  太路
 裏から舟の通ふ新造  立葵
雰はれてけろりと月の明はなれ
 朝と夕部に秋は涼しき

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・斗涼・立葵・環川・菊武・万年・太路