松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残裏(ナウ)

画像を拡大する
又春といふて薮入の暇乞 環川
 苞の卵を三宝て出す  立葵
子の行儀迄格別な御鷹宿 白日
 吉原近く賑かな村 環川
所から手織の縞も恋衣  斗涼
 放れた牛に廻す回状  菊武
烏瓜破れ厠も夕栄へて 白日

 いつより細き弦の影
秋静曲突に小僧の栗かぽん  笑口
 狼覗く山寺の庫裏  梅足
また生て居るかと柴の戸を扣  立葵
 おくれ年始を懸て野遊  太路
若木より老木の花の咲こされ
 旅は殊更春か肝要

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・環川・立葵・斗涼・菊武・笑口・梅足・太路