松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

表(オ)

画像を拡大する
鷹据た明手かさして夕筑波 白日
 入部を珠数て拝む百性 環川
孝行に惜しい盛を寡住  笑口
 積る染木に物思ふ母  太路
虫干の汗入る間を合歓木の下  斗涼
 極暑の蘇生人参ハ井戸 白日
 (見えず)不二  寐て田子の浦  太路

 覗を見セて細き世渡  万年
建立の鳥居いまたに菰懸て 環川
 留ハとめたか持余す馬  斗涼
湯豆腐もよしと鮫洲の夕鵆  太路
 三日月りんと鐘氷る声
舟着のよきを花なる蔵屋敷
 若草生ふ石橋の間

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・環川・笑口・太路・斗涼・万年