松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
角力見る僧ハ片祖右肩にて  斗涼
 酒の機嫌の響く高声  立葵
内よりハ河岸の賑ふ鉄砲洲  菊武
 若衆を誉て通る通し矢  梅足
髪置ハ娵の二葉のすべらかし  笑口
 鷄も上らす大火焚く曲突  立葵
見所ハ木曽の旅路の秋最中  太路

 下手な狂歌のふとうかふ月
蟇啼て今わたる薪船  笑口
 女衒隠して孝を勧る 環川
空解の帯執念の姿有 白日
 作者知れぬ三井寺の鐘  笑口
遠近の花今すてに盛也
 もはや頭巾のうつくしき春

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・環川・太路・笑口・梅足・菊武・立葵・斗涼