松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
時鳥袈裟か覚悟の枕也  梅足
 洗ふた髪に凄い紅粉鉄漿  太路
来るやいなや入らさる世話を伯父坊主  万年
 きのふハ膾けふは菓子皿 環川
山王の町屋も猫の額ほと  梅足
 畳めと場取る雪の傘  斗涼
寒牡丹春へ日数も廿日程 白日

 隣しらすに眉のない娵  梅足
中宿の冷飯旨く思ハれて 環川
 戸塚泊りに捜す睾丸  立葵
石川に底のへなつく渉し舟  菊武
 真昼の月に揚る野雲雀
暦にも今としるして花盛
 きさらき央大掃除する

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・太路・万年・環川・斗涼・立葵・菊武