松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
雛店へ雛恥かき妹連て  太路
 風呂敷解けハ直に留袖  菊武
炎天の関の清水に薬紙 白日
 瓜の皮にも辷る犢  笑口
籠城の笑催枕引  立葵
 入院の僧の俄勿体  菊武
横倉の盛遊女亦盛 白日

 ほせ/\喰に兀る口紅粉  笑口
散梅に身を掻く猫の耳振て  梅足
 石燈籠を居へて長き日 環川
地に落ぬ内を詠八春の雪  菊武
 卓にもたれて眠る順(礼)  万年
萩乱れ薄穂に出て月見月
 風はなくても朝寒き時

関連データ

作者(連衆)
環川・梅足・立葵・笑口・菊武・太路・白日(真田幸弘)・万年