松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
木屋町ハ皆空蝉の春日和 白日
 ひとりで落る外罠の音  梅足
迷ひ子の鉦ハ野末に朝朗  笑口
 塞いた顔て大門を出る 環川
かなしいも嬉しい事も若盛  菊武
 二度娑婆へ来た心地漂着 白日
ほんのりと靄の中から包顔  笑口

 二見の浦の舟に賽銭  立葵
濱道を新酒に酔て千鳥足  斗涼
 月の形りても薄闇い窓
八朔の雪積上し御針部屋  梅足
 實よりつらい啌て寐る癪 環川
辻へ子を捨るもやはり夜の靏  笑口
 殻車ほと潜戸の音

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・斗涼・立葵・菊武・環川・笑口・梅足