松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
素人なり置洗濯の閙しき  斗涼
 爪に灯して添遂る中  万年
直をすれハ張篭の虎の首振て  梅足
 金屏に夜の明る祇園會  笑口
降るやうに樗涼敷蝉の声  斗涼
 帆柱斗楼の景  立葵
室の客皆黒髪に繋れて 白日

 恋にも心早き名将  梅足
打擲に逢たる顔は狆てさへ 環川
 果報やけして跡の後悔  立葵
行ものハ斯そと所化の車見て  太路
 花散隠す塵塚のうへ
三日月ハまたかと捜す遠霞
 とふしてみても遅き夕暮

関連データ

作者(連衆)
環川・立葵・笑口・梅足・万年・斗涼・白日(真田幸弘)・太路