松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
朝漬の靨に人手を松か岡  斗涼
 末の鳥居にからむ海草  立葵
春の関越て卯月の藤の花  笑口
 玉屋と誉る心太の曲つき  太路
袴ても吉原者と見てとられ  立葵
 櫁売る嚊か憎い物云ひ 環川
箟姫のりの箆にさゝらの手の加減  万年

 灸を仕廻へハ晴る馬耳峰  立葵
醴も売れる濱辺のむら鵆  太路
 いとゝ冴ゆく凩の月
我獨双か園の影ほうし  立葵
 師直からの急の御使  万年
傘ハ用心深き花曇  万年
 通り端まて萌る若草

関連データ

作者(連衆)
斗涼・立葵・笑口・太路・環川・万年