松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
身揚の部屋へ子供を借て来て  立葵
 自鬢大下手女髪結 環川
初雪にまた埋火の立消へる  太路
 状から先へ届く水仙  斗涼
干魚積む木更津舟の中に僧  梅足
 四五文銭か緡に錫杖  梅足
騎射笠に角前髪の目に立て  斗涼

 匂ひゆかしき能衣の袖
闇いうちから日きり有加持請に  菊武
 掃除の役も兼て門番  万年
花桐やこほれかゝるとたはいなし  太路
 御茶の水から埒あかぬ舟  菊武
月夜よし挑灯の火の消たれと
 声さま/\に鳴しきる虫

関連データ

作者(連衆)
立葵・環川・太路・斗涼・梅足・菊武・万年