松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
牛たらり/\に原の暮遅し 白日
 這ふ子も客に寄て御馳走  笑口
陰膳を引迄妻の気扱ひ  斗涼
 身仕廻部屋を昼ハ立切  立葵
簾捲うちに見なくす帆懸船  斗涼
 気の晴らゝる酒のほどよい  菊武
寄る年に軍の跡を預りて  太路

 塩蒔ちらす朝の信心  万年
涼しさや葉ハひた/\の水葵  菊武
 抱やしきの多い本所  万年
秋の蚊の觜ハさゝらにあハれ来て  太路
 案しなやミし月の兼題
頭痛持木樨の香に鍼騒き  菊武
 夕部静に埃り鎮まる

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・笑口・斗涼・立葵・菊武・太路・万年