松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
頃もはや弥生半はの春松魚  梅足
 奈良茂か居間に賑かなかミ (牽頭)  馬隠
箱入の娘御子良子とも見えて 白日
 翦鞠知れぬ紫陽花の中 環川
僧正も碁を打時はやはり俗  笑口
 又怪談を噺す修行者  梅彦
疝気むし快鳴る梅日和  太路

 笑はぬ面を作る万歳  梅足
春もやゝよこれて見ゆる節着物  馬隠
 百里の旅も柄酌一本 白日
三味泉の撥に業もつ相の山  梅彦
 人なら若衆丁子蕣 環川
明残る月に煙草を味ひて
 一吹さつと晴て行く霧

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・馬隠・環川・笑口・梅彦・太路