松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
手土産の五色眼鏡て千松嶋  太路
 旭を汲てちらす塩濱  笑口
金くれに追人のかかる抜参り  梅足
 駒の頭を返す宿引  馬隠
室の君罪業深き身と見えす  太路
 そむけ/\の覇王樹の枝 環川
致仕の後只雲水を便りにて 白日

 神代に戻るよふな年の夜  梅足
旅に寐て春の支度を喜連川  梅彦
 舟待つ河岸に牛腹這  太路
祈る恋額とつゝまる願ほとき  笑口
 妹ととも見え又夫婦共  馬隠
花盛をもさすに花のやゝ盛
 とかくする内にはや霞む山

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・太路・笑口・梅足・馬隠・環川・梅彦