松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
元日の二度来た気色伊勢の留守 白日
 物凄ひやう美女の下髪 環川
身揚りの身仕廻(ママ)舞部屋に気侭酒  笑口
 喜怒哀楽の身ゆる年の尾  梅彦
寒梅の鉢と暦の置勝手  梅足
 靏にひかれて七日禁足 環川
土舟の板子一枚帆に建て  馬隠

 向ふ二階も妹と背の山  太路
此春はよい娵取ツて家樗 白日
 雨隠に野辺の菫立  笑口
詠めやるそなたの空を帰る鳫  梅彦
 熨斗目におほろ三日月の紋  フ
嬰児の笑も屠蘇の機嫌より  梅足
 時計の音のよどむ折々

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・環川・笑口・梅彦・梅足・馬隠・太路