松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
御縁談次の間しんと馬鹿咄シ  馬隠
 船漕くやうに眠る必  梅彦
あれを見よふしき廿日て散る牡丹 白日
 行水取らせ糸瓜尋ぬる 環川
神路山師老の御師の閑古鳥  笑口
 古市に常闇の居續  太路
膝枕見つけ出さるゝ若白髪  梅足

 つい呑ミ過て喰ぬ新蕎麦  馬隠
寺の秋茸尋て山めくり 白日
 夕霧むくる月の晴やか  フ
案内子のまづ口真似を鸚鵡石  梅彦
 新桑摘の着かさつて出る 環川
ひらく散るはねむよふなる花の色
 桶て斗て田螺賣る茶屋  梅足

関連データ

作者(連衆)
梅足・太路・笑口・環川・梅彦・馬隠・白日(真田幸弘