松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
うくひすのヒシキに雉子の打あハせ  梅足
 地震の跡のおさまらぬ顔  梅彦
五明樓これも廓の要也 白日
 船て濡した帯を苦にする 環川
けむひか乳母ハ馳走に焚付て  斗涼
 祝儀使へ神酒を振廻ふ  立葵
腰捻ておくるゝもありたつ飛紙  陸馬

 夏蚕掻て昼寐仕過す  斗涼
しつたふり憎き伊香保の江戸詞  梅足
 刺ての今ハ悔る入墨  陸馬
門前に些不遠慮な十夜蛸  梅彦
 翌の霜の思はるゝ月  フ
楽器蔵明ると湿気の匂ひして  梅足
 罠に?痺の受附もセす  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・梅彦・環川・斗涼・立葵・陸馬