松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
昼来ひといハれてこまる三輪の神  梅彦
 榊の花の散りしあけほの  立葵
菩薩王将の利のやうなる雷  梅足
 眼下の黒子仮中の砂残  斗涼
蓼酢ほと皿に縁を解溜て  陸馬
 かくしても芸沙汰のある嫁  梅足
寵覚てみなもものうき廿日草  斗涼

 しらふて乗れぬ泉水の船 環川
鹿島立つ居間淋しく旭さす  立葵
 先から先へ世をいそく瞽女  梅足
温泉の山にせめて聞たる鷽の琴  斗涼
 轆轤を挽て散かゝる花  陸馬
白々と戸の立て居る朧月  フ
 誰も價ハしりし春の夜  フ

関連データ

作者(連衆)
梅彦・立葵・梅足・斗涼・陸馬・環川