松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
酒に鬼女ニハ猫牽頭ち 白日
 袖曳く真似に腹を立する  陸馬
小判蒔くやうに牡丹の花散て  斗涼
 鰹ちらほら是からハ船 環川
事足れハたるにまかせて無分別  梅彦
 桜にすこしひねる産篭 白日
鎮守迄青き踏んと言合セ  立葵

 霞にまきれ失にける雁  梅彦
箪笥改突出ハ行たぶん 環川
 恋も無常も根問える公  陸馬
捨られた俤菊の十日過 白日
 月見んために附直る窓  フ
棚経へ母は団扇を取あえす  梅足
 合さうもなく茶に合ひし水  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・陸馬・斗涼・環川・梅彦・立葵・梅足