松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
伽か伽くきら聞けとてゆり起し  斗涼
 立泪に牛て離別状は夢  梅足
帰依僧の一言いへはひつそりと  立葵
 既に五代に及ふ榾の火  陸馬
積る雪しるしの竿の短て  梅彦
 貰ふ名酒に伯母の内客  斗涼
眼拭ひハ譬紅絹ても恋薄し  陸馬

 ミな別世界穢多と吉原 白日
物問はまつ伸をする田原殿  梅彦
 馬なら頽馬らしき霍乱  陸馬
頭陀袋世帯道具ハミな入て  立葵
 忘て年を経し山家住  梅彦
篆字もて月花トのみ二枚折  フ
 飯蛸過て取さかる烏賊  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・斗涼・梅足・立葵・陸馬・梅彦