松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
是からか本の春也廿日過  梅足
 ちつとたまると眠る新造  馬隠
酒と飯二道かけし帆立貝  貫環
 塩蒔たほと笹に初雪 白日
宝咲と匂ひ巨燵の冬篭  梅彦
 碁の負腹を横に手枕  笑口
僧留て地走にこまる佃嶋  馬隠

 彼岸の彼岸めかぬ長湿気  梅足
枝桜産家の伽に春見せて  太路
 老かミなから雛棚の世話  貫環
山深ミ一はね刎る塩小鯛  笑口
 託行奥に残る贄沙汰  太路

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・馬隠・貫環・梅彦・笑口・太路