松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
神拝にかしく拳の鷹鳴て  梅足
 廓と見ゆる女一群 白日
瀧呑の付さし頼太郎茶屋  太路
 曲ツて能いは路次口の松  笑口
待てハ来ぬ羅宇のすけかへ二人迠  馬隠
 牛の跡から馬士の小便  梅彦
余所見して辷る鳴子の爪の皮 白日

 宗旨か宗旨派手に持珠数  貫環
秋更て月の別れも惜む頃
 鞠装束てまはる菊畠  梅足
供待の欠ひをなくす今年酒  笑口
 無反リの刀指人は反  馬隠
見所ハ少し咲出す花にこそ
 此暖気に袷てもよし

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・笑口・馬隠・梅彦・貫環・太路