松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
まだ春に茄子も松魚も二丁町  太路
 修行といへと仇めきし梵論  梅彦
おぶい子のだゝを言ふ時かゝ入て  貫環
 師走へのろり喜津連川殿 白日
ぬく/\と供も頭巾て市帰り  馬隠
 盗んでもさち(幸)そこが大黒  楳彦
ある寺に生た似菩薩安置して  笑口

 分けて極暑の男羨む  梅足
瀧の糸見出さぬ斗雲の峯  太路
 泥呑た鮒べた凪の舩 白日
雨間に唐崎さして夜の客  笑口
 大盃を最う一  貫環
哥筵いつれも月に寄する題
 はや薄綿の丁度下冷

関連データ

作者(連衆)
梅足・笑口・楳彦・馬隠・貫環・梅彦・太路・白日(真田幸弘