松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
元日ハまた常闇の五十町 白日
 青い畳に子と遊ぶ妻  梅足
住居をも一すねすねて若隠居  笑口
 家越の舟に狆のうわ乗  馬隠
綿着せて見たきやう也冬牡丹  大路
 いつも留守かと思ふ囲ハれ  梅彦
能いきりやうほと凄き物洗ひ髪 白日

 祝ふでもなく祝ふ忌明  貫環
手料理て済人斗りり梅の宿  梅足
 蓼も二葉に汲て取鮎  笑口
御忌よりハ涅槃詣ふの淋しくて  梅彦
 肱枕する留守の極楽  大路
雲ひとつ動かで月の静也
 やはり霜かとおもふ露霜

関連データ

作者(連衆)
貫環・梅彦・大路・馬隠・笑口・梅足・白日(真田幸弘