松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
切はりも冬を隣の破れ窓  馬隠
 子ゆへに馬鹿な吉原の夢  貫環
葛城の神体下女の大寐ぼう 白日
 陽気盛んに賃餅のゆけ(?)  馬隠
小晦日では合点せぬ南部領  楳彦
 世話しい中にけろり鶴番  笑口
干稲をこなす素建の堂の中  梅足

 霧を拂て鄙の娵入  太路
夕虹の跡に媚く月の影 白日
 寺の馳走に撞ぬ晩鐘  笑口
是も又九年面壁膝に碁笥 白日
 人参噛て息吹て見る  貫環
花宿何か續て賑ハしき
 瓦ぐわらりと落す凧の尾  梅彦

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・馬隠・貫環・楳彦・笑口・梅足・太路・梅彦