松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
草餅に青侍の居並ひて  斗凉
 手柄咄しにさする腕の毛  太路
掘出した碑から起て境公事  笑口
 田植の伊達に粋な加賀笠  梅彦
はらからめどちから見ても瓜二つ 白日
 鳥屋て扉のくさる若殿  馬隠
門柳丈なる馬の背をすりて  斗凉

 和睦の使者に新玉の春  梅足
鎧脱て吉野の内裏霞ム也  「笑口
 崕の厠に発る眩暈  太路
井の中の儡傀大夫の気とりにて  梅彦
 艶のない櫛枌て桟断  梅足
村烏是も夕部の月の隈  フ
 露置流す垣のわな結ひ  フ

関連データ

作者(連衆)
梅足・馬隠・梅彦・笑口・太路・斗凉・白日(真田幸弘