松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
寄るも障るも片贔屓身延山 白日
 猫も客分母の手世事  笑口
こと足らぬ裏屋も琴ハ富貴自在  斗凉
 二葉育ちの玉の輿入  梅彦
姫君の化粧水まて都より  梅足
 済きわ近く咲ふ言訳  馬隠
新蕎麦に禁盃許す寺の秋  大路

 藁家侘しく移る月かけ  フ
小夜砧寝かへれハ又引板の音 白日
 狂女と知らて送る狼  梅彦
案の外賊の頭の美男にて  梅足
 能くも九年を陸奥の春  斗凉
咲花を歌よみ中間待て居る  フ
 南に成て暖な碁笥  フ

関連データ

作者(連衆)
大路・馬隠・梅足・梅彦・斗凉・笑口・白日(真田幸弘