松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
さも女めく虚無僧の下駄の音 白日
 揚屋ひつそと般若読む声  牛如
さうひとく揉なと叱る初胡瓜 貫環
 土の機嫌を鋤鍬て取  笑口
鷹の服を星かと靄の朝朗  太路
 凩凪て明残る月
日和にも蓑て浮地の舟漕て  立葵

 中生酔の尤な無理  菊武
掌て押付て出す枕紙  万年
 面ラの大きい薄雲か猫 白日
掛香のうつりの悪い髭男 貫環
 如意にかへたる十代の太刀  太路
森一ツ越してあなたに花の山
 菜舟に乗て飾葛の蝶  笑口

関連データ

作者(連衆)
万年・菊武・立葵・太路・笑口・貫環・牛如・白日(真田幸弘