松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
揚雲雀霞の網を出て啼  立葵
 野道でどんに見へる傾城 白日
振袖の飛車手王手に酔倒れ  笑口
 神輿時分に桟敷人なし 貫環
石橋の牡丹細工も廿日程  太路
 器用か敵今に厄介  牛如
手に取て知れぬ卵の尻頭  菊武

 金谷の雨に髭咎めする  立葵
笈の戸を開けハぷんと梅匂ふ 白日
 新造さかしく春の記行  笑口
青梅着た雇女房の牛祭  菊武
 跡腹病める紙の強飯  万年
夕月のいろか出て居る雲の間
 煩ふ鹿に奈良の廻状  牛如

関連データ

作者(連衆)
万年・菊武・牛如・太路・貫環・笑口・立葵・白日(真田幸弘