松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
鴬の付子と共に嫁も来る 貫環
 医者も島原摺れの狼 白日
衣笠も何所歟蒲団て寐た姿  太路
 碁の負腹は分別の外  梅彦
掛り人参館の灸ハ役にして  笑口
 女まかせのあしな献立 貫環
囲れの竹背戸の桃一樹 白日

 いやな支離か春の袖乞  陸馬
膳迄も不二の蒔絵の西行忌  牛如
 左遷の閑を島守の興  笑口
裾に払く羽折も軽く雁の声  菊武
 月にめてゝや余所に籟  陸馬
初秋をてらす恋の灯仏の灯  梅足
 朱鞘白鞘丹後殿前 白日

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・太路・梅彦・笑口・陸馬・牛如・菊武・梅足