松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
買ふ人も跡から駈る松魚売  梅彦
 泣く子を怖/\行水 貫環
機音もしハし根古屋の昼下り  笑口
 百姓道に邪魔な鋲打  菊武
代参のあたり見回し縁結ひ  牛如
 十夜土産に門前の蛸  梅彦
路次下駄の跡も/\雪の梅  笑口

 長雪隠に悟る計略  大路
嵐した体引四ツの大一座 白日
 島田鼠かさかな盗人 貫環
鳥羽画てもなし英か筆すさひ  陸場
 高噺する番の退屈  フ
雨霽のけしきとゝのふ月と花  フ
 溢て提る莖蒲公  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅彦・貫環・笑口・菊武・牛如・大路・陸場