松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
春中の春傾城も裾上ケて 白日
 囁と音絶る駒下駄  太路
蝿払ひ/\寝た子の脈取らせ  牛如
 叔母を上荷に江戸行の舟  菊武
建立の絵図も二度迄出開帳  笑口
 嘘嫌ひから止し道具屋 貫環
降る雪に手桶かふつて市戻り  梅彦

 宵まどひする色気ない嫁  梅笠
吉原の桜咄しも一むかし 貫環
 生た小鮎を賎かもてなし  梅彦
朝途出に鑓尾の鷹のいさむ声  笑口
 ぬるむ盥銅にうつる残月  フ
菌取りの帰り遠眼に顔誉て 白日
 画たよふに子福者の庭  大路

関連データ

作者(連衆)
梅笠・梅彦・貫環・笑口・菊武・牛如・太路・白日(真田幸弘